その他のレーベル(輸入盤)目次へ

CD紹介:DVD & ビデオ

生誕100年ということでチェコ・SUPRAPHONから「我が祖国」がリリースされた(以前はDLVC-1086で第1曲しか見ることができなかった)。それもアンチェル亡命前最後の「我が祖国」となる、1968年プラハの春音楽祭での名演である(CDはこちら)。アンチェル一人を扱ったDVDはこれしかないが、この演奏で指揮姿を心ゆくまで味わえるのは幸せである。

ジャケットのイメージはamazon.co.jpもしくはamazon.comのアフィリエイトになっています。


Smetana:My Country/Beethoven:Violin Concerto/Who is Karel Ancerl? (スメタナ:我が祖国/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/カレル・アンチェルとは誰?)

「カレル・アンチェルとは誰?」はチェコで1969年に放送されたドキュメンタリー。 ベートーヴェンの交響曲第2番第2楽章のリハーサル風景に始まり(これがまた素晴らしい)、アンチェル自ら生涯を語っている。


Great Conductors in Reharsal & Performance/Karel Ancerl & Hermann Scherchen (偉大な指揮者のリハーサルと演奏/カレル・アンチェル&ヘルマン・シェルヘン)

アンチェルがトロント響の楽員と良好な関係を築いていたことがうかがえる。妥協せず、しかし易しい言葉と温厚な態度でリードしていく様子は、アンチェルの音楽そのもの。


チェコフィル100年

チェコフィルに関わった名指揮者の演奏の断片を交えながら、その歴史を辿る。アンチェルが指揮しているのは「新世界」と「スラブ舞曲第8番」だが、あまりに短い。

グレン・グールド ベートーヴェンを弾く

わずか数時間前にキャンセルしたミケランジェリに代わってグールドがピンチヒッターとして登場したという、いわくつきの「皇帝」である。ピアノの調子が悪いという理由でキャンセルするミケランジェリ、コンサートでの演奏をやめて録音に専念するグールド。テレジーンの劣悪な状況下で音楽していたアンチェルの目に、彼らはどのように映ったのか。「面白かったが、この経験については小説が一つ書ける」とはアンチェル。アンチェルは共演者にも注文が多かったらしく、グールドも面白くなかっただろう。だがいつだったか、ヤフオクのコメント欄に「グールドはアンチェルを尊敬していた」と書いてあるのを見かけた。真偽のほどを知りたいところだ。

「我が祖国」50年の歴史 プラハの春音楽祭


その他のレーベル(輸入盤)目次へ

2008年4月11日公開、2009年1月3日更新
高橋 綾(ayat01 @ infoseek.jp)
Copyright © Aya Takahashi, 2008. All rights reserved.