Hommage to Karel Ancerl

カレル・アンチェルのホームページ   since 2008/04/11

更新履歴

menu

このサイトについて

このサイトでは、チェコの指揮者カレル・アンチェルについて紹介しています。

アンチェルはチェコフィルの黄金時代を築いた巨匠として知られていますが、アウシュヴィッツで家族を失うという経験から「悲劇の大指揮者」とも呼ばれています。

アンチェルの傍らには、しかし、つねに音楽がありました。アンチェルは晩年「戦争で打撃を受けたチェコフィルを建て直していくことが喜びだった」と語っています。

アンチェルが囚われていたテレジーン収容所には文化人が多く集められていました。当時「ユダヤ人を虐殺しているのではないか」と国際的な非難にさらされていたナチスは、それを否定するための証拠をねつ造すべく、彼らに積極的な文化活動を行うように命じていました。そうした虚像の下とはいえ、彼らは音楽にわずかな希望を見出し、人々に喜びと楽しみを与えることができるようにと演奏にあたっていたそうです。

プラハ音楽院では、指揮ではなく作曲を専攻していたアンチェル。理知的な視点が冴えるなかにもあたたかく血の通った音楽からは、音楽とそして人間への思いが伝わってきます。

... ... ...

アンチェルの音楽に初めて触れた2005年、彼について知ろうとウェブ上の情報を探したのですが、日本語でアンチェルを中心に取り上げたものは見つけられませんでした(フランス語のサイトには充実したものもあるのですが)。ならば作ってしまおう! ということで、CDのライナーノーツや本などをもとにまとめたのがこのサイトです。

できるだけ正確な情報を記すよう努めたつもりですが、もし内容について誤りなどありましたら下記アドレスまでお知らせいただければ幸いです。


2008年4月11日公開(100回目の誕生日に寄せて)/2009年11月27日更新
高橋 綾(ayat01 @ infoseek.jp)
Copyright © Aya Takahashi, 2008. All rights reserved.